神様は生きるのがつらいのショボいイケメン不可思議と変な美少女とのミステリーな関係が良い

きゃしゃ関わりブロンドヘアー女児のミリンダが良すぎるのでヘヴィーオブジェクトSを読みました。以前にアニメ版を見ていて、マンガの奴はやっとですが、何も気にせずに読破する事が出来たので、何だかんだでハマったのでしょうね。さっさとクウェンサーからのメルアドを見ながら嬉しそうなミリンダは鼻歌交じりで凶悪な兵器オブジェクトを弄っていらっしゃる。こういうどでかいメタルの群れは、核兵器も負かしきれないモンスターですが、内容は美少女が乗っている規則が多いのが特徴です。アニメ版ヘヴィーオブジェクトまずは、ちっちゃな婦人からミリンダという中学くらいの女児、ひいてはハンサムまで何かとパイロットがいました。マンガ版では、最初にサクッとこの辺りを解説してくれているので、アニメを観ていない人類も、それなりに楽しめるカタログデータとなっていて好ましい趣きでした。そういうお姫様は、さっさと負けてくれるので、やにわに側は火ばかりでびっくりですね。それでも、途端、軽々と救出とかダイジェスト版のアニメみたいです。きゃしゃ関わり女児が出るならはち切れんばかりのムチムチ関わりも出てくる意義で、クウェンサー陣の上司、フローレイティアちゃんとか、再びダイナマイト越える外装となっていました。イラストレーション的にはヒロイン陣がアニメ版と遜色ない印象で、読み応え的には話無かったです。ヘヴィーオブジェクトSが申し立ての進み方が手っ取り早いですが、1申し立て毎の扉絵がカワイイので、一休みくっつけるのが素晴らしいです。多分、ミリンダ歓迎だったら、2申し立ての時点で沈静といった萌えを取り戻していると思われます。筋道はアニメで予習し過ぎているのに、割と素直に読めるのはマンガ版が賢く描かれているからでしょうね。先、逐一お姫様のうたい文句が、妙に平仮名交じりなのが、いぶかしい萌えを運で最高でした。さりげなく簡単な漢字だけを使って、他は平仮名とか、はっきり言ってあざといですが、悔しいけど萌えちゃいらっしゃる。ダメージを受ける度にハァハァいうとか、一体どんなメカニズムなのだろう?とか突っ込んでいたら駄目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です